絶賛うえり妄想中

日々思ったことを書き連ねていくブログ

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

プロフィール

うえり

Author:うえり
 性別:男
 生年月日:1994.12.24
 職業:大学生
 出身地:東京都
 趣味:野球観戦・音楽鑑賞
 好きな球団:西武
 好きな選手:秋山翔吾
 好きな歌手:Mr.Children・ももいろクローバーZ
 特徴:ドM

FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第23話:[ネタバレ注意]幕が上がる/REFLECTION

2015/03/22(日) 20:07:44

予告通り、最近見た映画について書きたいと思います。

「REFLECTION」
そして
「幕が上がる」
を見ました。


まずは
「幕が上がる」
ももクロ出演映画です。
平田オリザ原作、本広克行監督です。

ありがちな青春部活モノ、という感じです。
ホントべたな展開。
ただ青春映画で恋愛要素を完全にゼロにしたのは画期的だなと思います。
アイドルの恋愛とか誰得?ですしね。

ただ泣けるかと言われると、うーん...という感じですかね。
あんまりヤマ場というヤマ場がなく、よく言えば和やかなまま終わった感じです。
予告でさんざん見た「先生、伸びちゃいそうです!!」「あんたが脚本書かないからこうなってるんでしょ!!」みたいな描写が、夢じゃなくて普通にストーリーの一環としてあってもいいのに、と思いました笑
夏菜子が杏果(役名は忘れました)と出会ってから仲良くなっていくまでの描写は素敵だなあと思いました。
特に夜の無人駅の場面とか。
やはり杏果は子役経験があってか演技うまかったですね。

「夢の浮世に咲いてみな」初O.A.のUstで演劇の中身を見た気がするんですが、そこの描写をもっと増やして欲しいなと思いました。

黒木華の役柄がイメージと違いすぎてビックリしました。可愛いです。


そして
「REFLECTION」
昨年、ミスチルがファンクラブ限定ツアーをしました。
そこでは未発表曲をたくさん披露したのですが、その模様をほとんどそのまま流した映画です。

ファンクラブ限定ツアーには参加出来なかったので、本当に興奮しました。
聞いたこともない曲が次から次へと流れて来るんですよ・・・!
Newアルバムを聴くときの興奮もなかなかですが、それが今回はライブなんです。
ライブで新しい曲を聴くとか相当ヤバいです。

今やっているツアーでもその曲はやっているんですが僕はいけないので、映画で聴いた1回きりの記憶を頼りに6/4のアルバム発売まで乗り切ることになります。
「おぼろげな記憶」を持ち歩くのもいいもんですね。
アルバム発売が待ち遠しいやらずっとこのままでいたいやら...
ではその「おぼろげな記憶」をもとに…

・「FIGHT CLUB」
イントロがカッコイイ印象が強いです。
イントロちょっと覚えているかも。今回披露された新曲の中では唯一今でも頭に残っている部分が微かにあります。
結構王道なロックだったなあ、という記憶。

・「斜陽」
FNS歌謡祭でも披露されましたがライブで聴くと更に映えるなあ、と思いました。
FNS歌謡祭の録画を何回も再生しているのでもう覚えてます。
こういう歌謡曲テイストは今までミスチルは手出していなかったかもしれませんね。
すごいどストライクです。

・「蜘蛛の糸」
イメージとしては「ロザリータ」「隔たり」みたいな感じ?
ゆったりとした大人のラブバラードという印象です。
スルメ曲になりそうな気はしました。

・「I can make it」
てっきりポップな曲かと思っていたんですが、フタを開けてみるとロッカバラードでビックリ。
歌詞がとても沁みて涙腺を刺激されました。
めっちゃ気に入った記憶があるのに記憶は一番しっかりしてない…

・「進化論」
曲前のMCのキリンの話のイメージが強いです笑
肝心の曲の方はあんまり覚えてない...。
結構力強い曲だったかなあ、と思います。

・「幻聴」
サビが頭から離れません!
とおーくで てまねーくのは たからじまなどじゃなくー

・「未完」
衝撃を受けました。一番好きかも。
イメージとしては「ストレンジカメレオン」をカバーした時のグルーブ感をオリジナル曲でやった感じ。
ホントにカッコイイ!!


いやー、アルバム発売楽しみですね。




青春賦/ももいろクローバーZ
「幕が上がる」主題歌であり、シングルとしては初のバラード。
初めて聞いた時は合唱曲テイストが強すぎてビミョー、と思ったんですが、聴けば聴くほどにハマっていきました。
ホントにうっとりする曲です。
未分類TB:0CM:0

第22話:Promotion

2015/03/14(土) 11:18:59

お久しぶりです。
ボート部の新勧PVが遂に完成しました。
ということで久々の更新です。



編集作業にかかった時間は20~30時間ぐらいでしょうか。
それ以前に、素材集めがありますが。
行き詰まることも多くて、ここ3週間ぐらいは結構まいりました。
PV係になんかならなきゃ良かったって何度も思いました。
PVの曲に使ったミスチルの「優しい歌」も、同じところばっかり何度も再生しているもんですから、嫌いになりそうでした笑

ここでひと段落、といきたいところですがなかなか人手が足りなくてこの先の春合宿も忙しい日々が続きそうです。
新勧についても、もちろんここがゴールではなくて4月に入ってからが本番です。
トーク力を磨いて、やる気のある新入生をボート部へと導きたいです。

昨日、他大のボート部の方と会う機会があったのですが、そこで選手・COX・コーチ・マネージャーそれぞれの立場・役割について考えさせられるところがありました。
やはりどこの大学でもそれぞれの立場間で対立や軋轢はあるもので、彼はCOXとしてコーチや選手に受け入れられていないようです。
思うのはやっぱりその立場になったことのない人にはその立場の気持ちを理解するのは難しいということです。
僕は選手とマネージャー両方の経験があるのでそれぞれの立場の人の気持ちをある程度は理解しているつもりですが、COXやコーチがどのような気持ちで練習に望んでいるのか正直はかり知ることが出来ません。
COXがぞんざいに扱われているのはやはり付き艇の魅力が十分に選手やコーチに伝わっていないからであり、伝えるにはやはり一度COXの経験をするのが一番だとは思います。
同じようにして選手が一度コーチ経験をしてみたらコーチの立場もある程度はわかり、コーチに積極的に質問するようになるのでは、と思います。
でもやっぱり実際に経験するというのはスキルの問題もあり安全面から考えてあまり現実的ではないような気がします。
結局のところはいろんな大会の映像などを見るのがそれぞれの立場の魅力が存分に伝わるのではないかと思います。

昨年の春合宿は病気療養してましたので、実質今春合宿が初めての長期合宿になる訳ですが、周りのマネージャーとのあまりのスキルや知識の差に打ちのめされています。
時間が出来たら、いろいろな本を読んで知識をつけるところから始めたいと思います。
まあ、学科の成績がかなりやばいのでまずはそっちの勉強をちゃんとやらないといけませんが…。

新勧の方法についても色々考えさせられました。
すべてをさらけ出すのか、良いところをアピールしてだましだましやるか…。

色々考えなきゃならないこと、実行しなきゃならないことはあるんですが、何かにつけて「マネージャーの人手不足でそれどころじゃない」と思考停止しまってますね。いけない。
とりあえずマネージャーをたくさん入れます。

昨晩は男子マネでホワイトデーのお菓子を作りました。
お菓子作り楽しいですね。
エッセンの腕をあげるためにも家でお菓子も含めて色んなもの作ってみよう。


さて、最近映画を2つ見ました。
それについてはまた次回以降書こうかなと思います。



放課後ゲタ箱ロッケンロールMX/私立恵比寿中学
ももクロの妹分です。
最近ホントにハマってます。
松野莉奈(一番背高い子)推しです。今のところ。
この曲では「上履きのまま帰るとか~」のラップパートを担当しています。カッコイイ。
未分類TB:0CM:0

第21話:音楽って、ステキ。

2015/02/19(木) 17:09:11

ここのところ結構更新ラッシュですが、これ書いたらしばらく休みます。
新勧PV作成に本腰を入れます。
少なくとも3月上旬までは記事書かないと思います。
遅くとも4月上旬には次の記事書きます。

さて、僕は音楽とりわけJPOPが大好きです。
僕の音楽との出会いは小2頃。
宇多田ヒカルの「光」がTVのランキングで毎週のように流れてて、またこれかようぜー、と思っていました
で、「SAKURAドロップス」が発売されたとき、この曲良い曲だなー、と思っていたら、
なんと、うぜーと思っていたあの「光」と同じアーティスト!
それから宇多田ヒカルを聞くようになりました笑
あとはGLAYもこの頃聞いてました。
でもこの趣味は長続きせず小3頃にはもうめっきり聞かなくなりました。

その次の大きな転機は中1。
プロ野球に興味を持ち始めた当時、プロ野球を題材とした「ドリーム☆アゲイン」というドラマを見ていました。
巨人から戦力外通告を受け、現役復帰に向けてトレーニングを積んでいたんですが、現役復帰を反対された恋人と喧嘩別れした直後に落雷で死亡。
「天国案内人」のはからいで、別人の経営者のもとに魂を移して復活させてもらい、もう一度プロ野球選手への夢を歩む、という、設定はハチャメチャなんですが、とてもいいドラマでした。
ドラマも本当に好きなんですが、なんといっても主題歌が僕の胸には響きました。
コブクロの「蒼く 優しく」という曲です。
この曲に衝撃を受けた僕はそれからコブクロを聞き始めたのですが、今思えばコブクロも、当時TVでは「蕾」ばっかり流れてて、またこれかようぜー、と思っていた記憶があります笑
さらに間もなくしてMr.Childrenとポルノグラフィティにも興味を示してはまっていきます。
途中ももいろクローバーZという今までにはないタイプの出会いもあり、「蒼く 優しく」から始まった音楽への趣味は今も続いています。
(ちなみにももクロも、当時はアイドル全般に強い嫌悪感があり、ももクロも最近よく聞くけどなんなん、といった印象でした。アーティストへの興味は、反感から始まる???)

僕は詩のないInstrumentalなどはあまり聞きませんし、クラシックとかには一切興味ありません。
ただひたすらJPOPが好きなんです。
詞とメロディーの醸し出す化学反応の虜です。
ギターの音、ベースの音、ドラムの音、ピアノ・キーボードの音、そういった音にヴォーカルの歌うメロディーが乗っかって歌詞世界を表現する。
その時の熱量というか、胸に迫るものはとてつもないものがあります。
僕にとっては、ただ楽器の音を聞いているだけとか、ただ詞を読んでいるだけではダメなんです。
詞が音に乗る、このことが本当に快感です。
僕らが普段抱えている様々な気持ち(自分に対する苛立ちや迷い、好きな人を思う気持ち、社会に対する不満...)をアーティストがメロディーにして昇華してくれます。
それを聞くと本気で自分の感情に向き合うことが出来ます。

そういった面で、Mr.Childrenは僕のよき理解者です。Mr.Childrenの音楽を聴いていると、
「なんで僕の気持ちがわかるの!?」
「これこそ僕の思っていたことだ...!」
とビックリさせられることが何度もあります。
このように自分の内面を投影しているかのような詞の深さにどっぷりはまっていく曲もあれば、ただただ語感が好きな曲もあります。
「なんだかよく理解出来ないんだけどこのフレーズ、この言葉の組み合わせを口ずさむのが心地いい」
といったものがMr.Childrenの曲には数多くあります。

そして僕はカラオケが大好きです。
ボート部の3次会のような大人数で暴れまくるカラオケは苦手ですが、何人かでまったり歌うのも大好きですし、ヒトカラも大好きです。
何人かで行くと結構自分の知らない歌に出会うこともあって、そういった意味でも勉強になったりします。
自分の入れた選曲に友達が反応してくれたり、逆に友達が入れた選曲が僕のどストライクだったり、そういった音楽的共感もカラオケならではの楽しみ、喜びです。
そしてヒトカラはマイナーな曲でも思う存分に歌えます。
今は集中講義で春合宿から一時的に仙台に戻っているのですが、ここのところかなりの頻度で授業後にヒトカラに言っています^^;
(今日もこの後行こうかなと…)
もちろん音楽を聴くだけでもとても幸せな気持ちになれるのですが、歌うことで日頃抱えていた思いを言葉にして発散することが出来るのでとても快感です。
口に出していうのが恥ずかしいような自分の考え、気持ちも、歌でなら思いっきり表現できます。

いや~、音楽が好きでよかった!!
最後にミスチルの好きな曲トップ10でも載せて終わりにします。

01位 NOT FOUND
02位 口笛
03位 HERO
04位 終わりなき旅
05位 Drawing
06位 hypnosis
07位 Sign
08位 CANDY
09位 GIFT
10位 365日

めっちゃ悩みました。



CANDY/Mr.Children
先ほどのランキングの第8位から。
5年前、この映像を見たとき、人生で初めて音楽で泣きかけました。
未分類TB:0CM:0

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

リンク

お世話になっている皆さんのブログです。 長期更新がない方は削除させて頂くことがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

つぶやき

ツイッターやってます。

算数力トレーナー

計算問題がどんどん出題されます、なるべく速く、ミスのないように3択から選んで下さい。

クリアすると、1つ上のランクが選べるようになります。まずはレベル0からお楽しみ下さい。

検索フォーム

Copyright(C) 2006 絶賛うえり妄想中 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。